M字はげ ミノキシジルタブレット 副作用

M字はげのミノキシジルタブレットの副作用とは?!

ミノキシジルは、積極的に、発毛効果のある成分として、多くの「発毛」剤ー例えば日本では大正製薬のリアップに含まれています。

 

その主効果、つまり「発毛」については、多くの人が認めるところです。では、その副作用には、どんなものがあるでしょうか。

 

ミノキシジルの副作用には、目立ったものとして、二つのものが挙げられます。

 

一つは、多くの人が言及している通り、「髪の毛のみならず、全身の毛が濃くなる」ということです。これは、塗り薬としてミノキシジルを用いる時も、飲み薬としてミノキシジルを摂取する時も、両方、起こります。

 

結論から言ってしまえば、この副作用を回避する方法は、ありません。しかし、救いに成るのは、この副作用においては、「びっくりするような現象」が起こることは無い、ということです。例えば、「突然、太い縮れ毛がたくさん生えてきた」といった怪奇現象は起こりません。ただ、今生えている毛が、うっすら増えるだけです。また、鼻毛、眉毛、揉み上げ、といった箇所も、毛が多くなり、またそれぞれの毛が長くなります。しかしながら、この副作用は、こまめな脱毛処理によって回避できることなので、許容範囲だと言えるのではないでしょうか。

 

もう一つの副作用は、「イボができる」ということです。これは、特に塗り薬としてミノキシジルを用いている時に起こります。ミノキシジルを塗った、その界隈の肌で起こります。

 

一見、ぎょっとしますが、放っておけば、イボはなくなってしまいます。この現象は繰り返されますが、概して、健康を害することではありません。

 

以上のことから分かる通り、ミノキシジルの副作用は、大きく健康を害するものではないので、まったく耐えられるものだと言えるでしょう。